「靴好にはおすすめなバイト」東京靴流通センターでバイトを2年間してみた体験談

バイトを探している人で、靴が好き!靴屋でアルバイトをしてみたい!という人もいるかと思います。

そんな人のために、おすすめできるのが東京靴流通センターのアルバイトです。

自分は実際に靴流通センターで2年間バイトをしていたのですが、振り返ってみると結構楽しかったです!

今回は、そんな自分が、実際働いてみてどうだったのか?どんなとことにメリットがあるのか?についてまとめてみました。

これから靴流通センターでアルバイトをしたい!という人は是非、参考にしてみて下さい!

靴流通センターのバイトをするならバイトルから!

トップ画像引用元:東京靴流通センター 長岡新保店 – 新潟情報なら【アテンドパーク】県内の店舗・企業・団体をご紹介



東京靴流通センターの仕事内容はどんな感じ?

まずは、東京靴流通センターで、自分が行っていた仕事内容について書きました。

仕事内容は、以下の通りです。

  • レジ業務
  • 接客(靴を探しているお客様への対応)
  • 電話対応
  • 靴の袋ずめ
  • 伝票処理
  • 在庫の補充
  • ラッピング
  • 店頭ののぼりの交換

などをやりました。アルバイトをしていたときが7年前とかになるので、覚えている範囲で書きました。

色々ありますが、そこまで業務量が多いとは感じませんでしたね。どれも簡単なので安心ですよ。

それでは、それぞれの仕事内容についての詳細について順に説明をしていきます。

レジ業務

レジ業務は、お客様が購入したレジの清算業務となります。

ここで靴屋の店員として気を付けたいのが、両足のサイズが合っているかどうかを確認することです。

ごく稀にですが、サイズの違っているのが、間違って入っていることがあります。

サイズの違うものを履いてると足を悪くしてしまう原因にもなるので、注意しましょう。

接客(靴の提案など)

靴流通センターで働く一番の面白さは、この接客業務にあります。

飲食店やコンビニみたく、ただ相手がオーダーしたものを提供するのではなく、お客様の悩みに合わせた提案、靴を提案する必要があります。

相手の悩みに合わせて解決できる商品を提案するっていうのは、考えると奥が深くて突き詰めると結構楽しいです。

なので靴の知識とか持っておくと接客で活かせることがあるので、靴が好きにはおすすめです(僕は元々、靴好きではなかったのですが、働いてから靴が好きになりました笑)

それと自分に合ったサイズを探している人に、在庫からサイズの合ったものを取り出して、試着するのも大切です。

これはお客様に「サイズはお探しですか~」と声をかけて対応していきます。

サイズがないと思って帰ってしまうお客様がいるので、購入機会の損失を防ぐために、声かけは重要です。

電話対応

これは店長への電話の引継ぎなどになりますね。

ある程度、働いた後のはなしになりますが、他店に電話してお客様のサイズに合った靴を郵送してもらうという電話対応をしたこともあります。

靴の袋ずめ

外には、袋詰めされた靴がワゴンにありますが、これも自分が袋詰めをしていました。

伝票処理

これは簡単なデータ入力ですね。受注して届いた商品を店内の在庫データと合わせるために伝票の処理をしていきます。

処理した伝票はファイルにまとめました。お店が暇なときにやると気晴らしになって良いです(笑)

在庫の補充

展示されている商品の下には、その商品の他の在庫が積まれています。

商品は発注したものが定期的にお店に届くのですが、商品が展示されている付近に在庫を積む必要があります。

展示された商品が売れた場合には、在庫から商品を出して展示していきます。

上級者になってくると、お店で足りない在庫を発注するということもやります。

ラッピング

クリスマスや誕生日などにプレゼントをしたい!という場合はラッピングをしてお客様に渡してあげるということもやりました。

ラッピングは家で練習したんですけど、簡単にできました。ただあまりやる機会はないですね。

店頭ののぼりの交換など

店頭には販促用ののぼりがあるんですが、シーズンなどでのぼりが変わることがあります。

のぼりを交換するだけなので簡単です。後は店頭のガラスにポップを貼るという業務も行いました。

これもあまりやる機会はないです。


靴流通センターで働くメリット

靴流通センターで働くメリットについて説明をしていきます。

靴が20%OFFで購入できる

社割が効いて店内の靴が20%で購入できるのは、何気にデカイです笑

5000円の靴買ったら4000円で購入できますので結構お得になります。

靴に詳しくなる

僕もそうなんですが、働いてから靴が好きになり、街中の人の靴とかチェックするようになりました(笑)

新商品の靴とかをいち早くキャッチアップできます。

お客に商品を提案できる接客ができる

お客様のことを考え商品を提案できる仕事なので、自分なりに工夫をして仕事ができます。これがやってみると中々面白いんですよね。

なのでただ商品を売るのではなくて、接客して売り込みたい、接客が好き!という人にはおすすめです。

暇な時間がある

これはメリットであるけれど、デメリットである場合もありますね。

自分が働いていた店舗は、平日はあまり人が来なかったので暇だと思う時間も結構ありました。

あまり忙しく働きたくないという人には良いですね。

暇なときは、店内の靴を見ながら、商品の研究をしますw

靴流通センターで働くデメリットについて

デメリットについても説明していきます。

閉店する時間が早め

靴流通センターは夜遅くまでやっているお店ではないです(20時か21時くらい)

そのため夜遅くまで、働いて稼ぎたいという人には向かないです。

逆に遅くまで働きたくない主婦には働きやすいと思います。

特に学生の場合は、学校が終わってから働くことが多いと思うので、働ける時間が限られてきますね。

暇な時間がある

暇な時間が嫌だという人には向かないかもしれません。

ただこれは店舗によりますね。人通りが多いとこならば忙しいと思います。

 

靴流通センターのバイトをするならバイトルから!


以上です。

お客様に商品を提供して売ることができる楽しいアルバイトでした。

是非、皆さんも靴流通センターでアルバイトをしてみて下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA