【途中からネタバレあり】映画『君の膵臓をたべたい』を見た感想。

皆さんどうも

おおぞらです。

この前、本屋大賞にもなった『君の膵臓を食べたい』の映画を見に行ったんですが、

思わず、感情が発露してしまう作品でした

題名が物語の本質を分かりやすく集約していて、感動しました。

これから見てみたいという人にも勧めたいし

映画を見た人とも感想を共有したいので、

最初はどういった作品なのかを勧めるように書いて、

途中からネタバレありで感想を書きます



主人公は、人と関わることを避ける読書好き、ヒロインの山内桜良は膵臓の病気で余命一年。

主人公は部屋の中で、大抵の時間を本を読んで過ごす、

人との関りをとにかく避ける男子高校生。

図書委員。

一方、桜良はクラスの可愛くて気さくな人気物。

でも膵臓が悪くて死ぬんですよ。

それを知っているクラスメイトは実は主人公だけという関係性。

彼女は余命幾ばくもない、期間を使って、主人公とかかわることを決める。

その理由も終盤の見どころだったり、

この題名にした意味に繋がってくる

桜良なんですけど、活発的で主人公を振り回すんですよ。

なんかラノベっぽいですねこれw

そして作中で、最初に桜良が主人公に発した言葉が

『君の膵臓を食べたい』。

昔は、病気になった部位を食べれば治るみたいに信じられてたらしい。

ただ後々、そういった意味だけでなく

色んな要素を含んできて

より深みを帯びたものになってくる

『活発的な桜良に振り回される日々』

桜良の死ぬという秘密を知ってしまった主人公は

桜良に振り回されることに

昼間から一緒に焼き肉を食べたり、スイーツを食べに行ったり

今まで、人と関りを持たない主人公ですが、徐々に心を開くことに。

そんな展開が温かくて

ほほえましくて、

楽しくて

そして切ない。

色んな感情を引き起こしてくれる。

『桜良に死ぬと言われても、割と平然としている主人公』

桜良が主人公は他の人と違うと思ったところがますこれ。

別に冷徹な人間というのではなく

「他人の悲しみを悲しむのはお角違いだ」という考え方を持っているんですよ。

桜良はそこを気に入ったそう。

友達に話しても、気を使わせて普通の日常を送らせてくれないと察したので、

そういった考え方を持った主人公と一緒に過ごすことを決めた。

他人に興味がない主人公も、流石に余命幾ばくもない『君の膵臓を食べたい』と言ってくる少女には少しは興味を持ったらしく、一緒にいるように。

 

※ここからネタバレ有り


 

 

 

 

 

 

『主人公は桜良に憧れ、桜良は主人公に憧れる』

物語の終盤では、桜良が何故、主人公を気にかけて話しかけたのが

明らかにされる。

それは、桜良が死んだ後、

彼女が残した日記に記されていた。

私はね。

私は、君に憧れていたの。

少し前から、ずっと思っていたことがあるんだ。

私が君みたいだったら、もっと誰にも迷惑をかけず、悲しみを君や家族にふりまいたちすることなく、自分のためだけに、自分だけの魅力を持って、自分の責任で生きられたんじゃないかって。

いつも本を読んでいて、自分と戦っているような主人公。

彼女はそこに「確固たる自分を持った人」というように憧れを持つように。

一方、彼も彼女と関り、

一緒に焼き肉を食べに行かされたり、スイーツを食べに行かされたり、

さらにはお泊りデートまで付き合わされたりするなかで、

徐々に心を開かない彼も心を開き始める。

そんな展開が温かくてほほえましくて、そして切ない。

そこで彼は桜良に聞くんですよ。

生きるのってどういうことか?

それを「誰かと心を通わせること」と答える。

これが後々、彼が教師になるきっかけになる。

現実でも、こういった素質を見つける人の存在は大きい。

余命幾ばくもない日々で、

互いが、互いに憧れを持ち、

そしてそれを表現したのが

『君の膵臓を食べたい』なんですね。感動しました。



『通り魔事件で思ったこと』

これがこの作品で一番びっくりしたことなんですが、

桜良が通り魔にあって死ぬというシーン。

作者、住野さんの意図はおそらく

「いつ人間って死ぬかわからないから大切に生きよう」みたいなこと。

普通だったら、余生をまっとうして死ぬみたいな展開で感動を煽ってくると思うんですよ。

ただこの作者はそれをしなかった。

こういった展開を作ってまで、今を大切に生きようみたいなことを伝えようとした。

これは住野さんの意志を感じたし、他の作品も読んでみたいと思ったところですね


以上です。

前半は、主人公と桜良の微笑ましい展開が進みますが、

最後のほうで「うお……」「うおおおおおおお」というように僕の感情が発露しました。

桜良の影響で先生になったり、

『君の膵臓を食べたい』という題名の意味だったり、

今を大切に生きようと思わせてくれたり、

考察するところがありながら、感動できる。

そんな作品でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA