プロゲーマーと人気ブロガーが学校教育について語り合う。

では、最初に二人の簡単な紹介から始めましょう。

  • プロゲーマー ウメハラ

14歳の時に格闘ゲーム国内最強となり、17歳で世界大会に優勝。

学校時代は授業でずっと寝てたという。大の学校嫌い。

  • 人気ブロガー ちきりん

小・中・高から国立大学、証券会社、外資系企業といった経歴を持つ。

いわゆる”学校エリート”。

良い経歴を持っていても、人生が上手くいってない人達を多く見てきたからこそ、学校に疑問を呈していました。

この二人が織りなす対談本となっています。

学校では、ずっと寝てたウメハラさん。しかし父に「何かひとつ、やりたいものを持て」と言われゲーマーを志したそうです。

学校で、要領よく高い点を取り、社会のレールに上手く乗っていたちきりんさん。職を転々としながら、現在はブロガーに。

二人の属性は対照的ですが、共通点は学校があまり好きではないということ。

「学校って行く意味ある?」ちきりん。「大ありですよ!」ウメハラ

学校はあまり好きではないということは共通していますが。

最初から二人の価値観は相反していました。

ウメハラさんは今でこそプロゲーマーで働いていますが、バイトをしてたこともあり、そこで学歴差別を受けたそうです。

プロゲーマーというのも一握りの職業ですし、ちゃんと現実を教えなくてはという考え方を持っていました。

一方、ちきちんさんはそもそも学歴を持っているので、「学歴を持ってない」という扱いを受けてなかったので、そこにはあまり考えが至ってなかったそうです。

でも「学歴がある」ということで苦しめられる人もたくさんいるわけで……。

大学に入って良い会社に入ると教え込まれ、

莫大な奨学金を払って、入学費を支払わせて、

良い会社に入ったにも関わらず、

リストラにあうなんて珍しくないと言われています。

学校って型にはまったようなことを教えられるから、「自分で考える」ってことが養われないんですよねぇ……。

これが良く言われる”まじめ”にやってきたほど損をするというやつでしょう。

結局は自分のやりたいことをやるしかない

結局はここに終始するとこの本を読んで思いました。

ウメハラさんにとってのゲームや、ちきりんさんにとってのブログ。

やっぱり、自分で納得した上で、物事を突き詰めていく必要があるでしょう。

なにせ、景気が低迷してるし、会社に期待するというわけではなく、自分で何か力を持ちたいものです。

そうなってくると、教育の方面だって、

画一的な教育を施すのではなく、個人で力を持てるような仕組みを作るべきでしょう。

ということも二人の談義の中にありました。

ちきりんさんは、中学に入ったら科目を選択性にするとか

ウメハラさんは、もっと競争意識を植え付けさせて、自分の得意不得意を見極めさせるとか

議論が活発的になって面白かったです。


以上でした。

二人とも価値観が違っているからこそ、活発的で面白い本でした。

あっという間に読んでしまいましたよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA