服選びに役立つ。『ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく』




メンズファッションで最も重要な要素として挙げていたのが、「ドレス」と「カジュアル」のバランスです。

  • テーラードジャケットとスラックスのスーツスタイルは、100%ドレス
  • パーカーとスウェットパンツといったリラックスウェアは、100%カジュアル

これではどちらも100%になってしまって非常にバランスが悪いです。

そして最適のバランスとされるのが「ドレス:7、カジュアル:3」とのこと。

このバランスを軸として、コーディネイトが説明されていました。

例えば……

この画像のコーデでは、パーカーでカジュアル感がでますが、ボトムスのスキニージーンズと黒い革靴でドレス感を出すことによってバランスを取っています。

直ぐに、取り入れられる考えなので、服を選ぶ時に役に立つと思いますよ。

服は「ボトムス」から揃える

服はトップスから揃えるよりも、ボトムスから揃えるほうが良いと言っていました。

ボトムスは印象を整えてくれる役割がある。

ドレス寄りのボトムスがおススメとのこと。

こういったMBさんの考えたルールを学びつつ、実際の服の紹介に移っていきます。

品質も良く、安く、使いやすいユニクロの服

この本を読んでて良かったなと思ったのは、ユニクロの製品の品質の良さを知れたことです。

上の画像で紹介されているのは、「メリノウール」を使用している2~3千円台で販売しているセーターですが、MBさんの周りでも愛好者が多いと言っていました。

ツヤがあって、高級感を感じさせてくれるハイゲージウールでできています。

僕もこのセーターを買ってみたんですけど、着心地も見た目もとても気に入ってます。

さて、次はユニクロのスラックスです。

基本的にスラックスは、価格が高いものですが、なんとユニクロのは2千円台。

このスラックスの特徴は裾が細く作られているところ。

MBさん曰く、パンツのシルエットの肝は「裾」であると言っています。

裾は視線を集めやすい目立つ箇所。

万人に向けて売るファストファッションブランドだと、裾は広く作りがちだけれど、ユニクロはブランド品のように細く作られていると言っていました。

僕も今度、買ってきます。


以上です。

こんな感じで、MBさんが実際の店の商品の良さを紹介してくれてます。

しかも、手頃に買えたりするものなので、すぐにおしゃれな恰好を身に着けることができます。

  • メンズファッションが良く分からないという初心者の方
  • もう手っ取り早く、おしゃれを身に着けたいという方

におススメしたい本です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA