あのぺろりん先生がインタビューをした!『アイドルとヲタク大研究読本』

皆さんどうも

アイドルオタクの(@mimori_5046)おおぞらです。

現在のアイドル業界では、握手会やチェキといったアイドルと「接触」「会話」できるシステムがある。

twitterやブログなどのSNSの影響によって、アイドルとヲタクの関係が近くなっている。

そんなアイドルとヲタクの距離感について論じたものが

この本!

この本を書くにあたって、取材を行ったのがtwitterでヲタクあるあるをネタにしたイラストで有名な鹿目凛ことぺろりん先生!


イベントに行くオタク、

さらにはアイドル自身にも

接触イベントが増えているからこそ

アイドルとヲタクの距離感を論じたこの本は参考になるので、是非手にとってみてください。




『ぺろりん先生が、色んなアイドルにインタビュー!』

序盤の方では、アイドルにインタビューした記事になっていて、

それぞれのアイドルが

  • ファンとどういった距離感を持って接しているのか?
  • 自身のアイドル像について語っていたり、
  • 応援してくれているファンを実際どう思っているのか(私にとってのファンとは?)

というようなことをぺろりん先生が聞きだしていました!

この本一冊で色んなアイドルを知れるきっかけになってくれました。

ではどんなアイドルに取材をしているのか、ちょっと内容を紹介しましょう。

『でんぱ組 古川末鈴さん』

今や国内のポップカルチャーとして海外のメディアからも認知されているグループでんぱ組。

そんなでんぱ組のセンター、古川さんは

変に媚びないとか、病みアピールをしない、自身のアイドルの軸を語りつつ、オタクとの距離感についてもしっかりとした考え方を持っていることが分かる。

個性的な面々のでんぱ組のメンバーとどのように関わって、アイドル活動をしていたのかも書いてあって、濃い内容になっていました!

『Negicco』

2003年に期間限定ユニットとして結成された『Negicco(ねぎっこ)』

『Negicco』は10年以上続いているので、ファンは家族目線で温かく見守ってくれてる感じだとか。

そんなファンとの接し合いは微笑ましく、温かい関係性で、ファンを大切にしていることがわかる。

長く続くアイドルのファンってもはや家族みたいな感じになるんですねw

『PASSPO☆ 根岸愛さん』

キャプテンを務める

「釣り師」と呼ばれる根岸さん。

「釣り師」とは、接触時の対応や、ネットの投稿、イベントのレスなどの手法で、

ファンの心をつかむのに定評がある根岸さん。

女性ファンをつかむコツなど書いてあって、「なるほど……」と思いました。

ヲタク属性図鑑がめっちゃ詳細に書いてあって面白すぎるwwwww

アイドルオタクにもいろいろ属性があって

  • DD(誰でも大好き)
  • ガチ恋
  • 楽曲派
  • 評論家
  • 彼氏ズラ

など多種多様で、それがオタクとアイドルが結構ネタにしてるんですけど、

そんな属性の特徴が詳細に書かれてあって笑いました

例えば、

  • 箱推し(単に推しを決められない、あるいは推しを公言するのが恥ずかしいという理由で箱推しと名乗っている場合がある)
  • 認知厨(聞いてもいないのに、いきなり「オレ、○○ちゃんから認知もらってるから」と謎のアピールをしだす)

などなど。

これはあるはwwwwwwwwww

と思わず共感しました。




以上です。

ちゃんとしたインタビュー記事があって参考になったり、

ヲタク図鑑で笑わせてくれたり、

一冊でとても内容が濃かったです。

是非、皆さんもこの本を読んでオタクとアイドルの”距離感”を考えてみてはどうでしょう?





 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA