【男の一人旅】伊豆(河津、下田)に行ってきました。

先日、伊豆に行ってきました。

僕は観光、一人旅が好きです。

日々の生活に行き詰まりを感じてしまった時は、今までと違った風景を見に行きたくなります。

伊豆では、河津桜という桜が一足先(2月~3月上旬)にみれると聞き行ってきました。

河津へ

熱海から踊り子号という特急列車を使って、河津へ。

駅近くでは、金目鯛や桜エビを販売してる店が客寄せをしてて活気がありました。

ガヤガヤしているわけでもなく、地方のゆったりとした雰囲気って感じでした。

一足先に桜を見れました。

河津桜は散りかけているのも何本が見受けられましたが、咲いていたのも何本かあったので、良かったです。

駅前から道なりに歩いていると、長い並木道が続いていて、売店がたくさんでていました。

カップルや家族連れ、老夫婦などが楽しそうに花見を楽しんでいて、僕も春の訪れを一足先に楽しむことができました。

食べ歩きを楽しむ

桜色のたい焼き。

生地には桜の香りがまぶしてあります。

餡と桜の香りが混ざりあって、美味でした。

甘酒も美味しい

八海山の甘酒が美味しかった。

まだ少し肌寒かったので、美味しい甘酒が売ってて嬉しかったですね。

健康にも良いし、飲めばこれからの旅もはかどります。

菜の花も咲いてます!

桜だけではなく、菜の花も見ることができました。

桜の木の前に植えられているので、黄色とピンクのコントラストを楽しめます。

下田へ

河津を楽しんだ後は、お隣の下田に行ってきました。

下田と言うと、日本史に出てくる、あのペリーが来航した場所。

早速、駅前に出てみると黒舟のオブジェが!

海鮮丼を食べる

流石、港町、海鮮が美味しい!

ここら辺は金目鯛が有名なんですね。

ペリーロードへ

ここは、ペリーロードと言われる街路。

風情ある街並みと個性的な店が立ち並んでいます。

カフェで一休み

ペリーロードには、レトロで個性的な喫茶店がいくつかありました。

僕が行ったのは、上の写真の『風待工房』というお店。

店内にはアンティーク雑貨、雑誌などが置かれていていて、店内を楽しみながら一息つくことができました。

了仙寺へ

こちらの了仙寺は、日米和親条約の付属条約、下田条約が締結された場としても知られているお寺。

ここでペリーと日本が話し合いをしていたそうです。

5月にはジャスミンが咲き、ジャスミン寺とも言われています。

港の様子

港には舟が並んでいました。

ここにペリーが来航したんですねぇ。

港では黒船に乗れる体験もできるらしく、今度機会があったら乗ってみたいと思いました。

帰り際に熱海で寿司を食べる

伊豆への観光が終わった後、折角なんで熱海に寄りました。

やっぱりネタが新鮮で美味しい!


以上です。

桜や歴史、食。

一日で存分に伊豆を楽しむことができました。

今度行くときは、温泉に行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA