【男の一人旅】秩父に行ってきました!

皆さんどうも一人旅が好きな(@mimori_5046)おおぞらです。

芝桜の季節ということで、今回は秩父に行ってきました!

今回は秩父の魅力を紹介していきます。



「羊山公演の芝桜」

4月も終盤に差し掛かり、秩父の名物。

芝桜の季節になりました。

この辺り一面に広がる桜の絨毯。

ピンク色も綺麗で良いですが、白い花も咲いていて鮮やかなコントラストが楽しめる。

目前でシャッターを切ってみると、こんなふうに良い感じに撮ることができました。

それぞれの花弁に特徴があって可愛い!

花の種類は9種類あると近くでもらったフリーペーパーに書いてありました。

お気に入りの花を見つけて名前を覚えておくと良い思い出になります!

「くるみそば」

こちらは駅近くの蕎麦屋さん。

秩父名物のくるみ蕎麦が食べられる。

めんつゆがくるみを混ぜたものになっていて、

口に含めると「これは確かにくるみだわ!」とはっきりとくるみのコクが分かるようなつゆになっている。

そのコクが蕎麦の風味と混ざり合い、他の蕎麦では味わえない絶妙な味わいになってました。

秩父に行ったら是非味わってもらいたい一品。

「番場通り」

こちらは秩父神社前の通り。

辺りには、コロッケやたい焼きといった食べ歩きができる食べ物があって、若い観光客などが行き交っていました。

お洒落で個性的な喫茶店もあるので、デートのひと休みなんかにもいい落ち着いた場所ですね。

「秩父神社」

街中にある大きい神社。

辺りは、落ち着いていて親しみやすい雰囲気になっています。

緑が生い茂っていて、清涼感がある。

人が多くて拝殿の前に40も並んでいた。

この本殿ですが様々な彫刻が掘ってあります。

龍の彫刻

かっこいい……。

猿の彫刻

下のほうに猿が彫られていますね。

「みそぽてと」

秩父名物みそぽてと。

みそとジャガイモという素朴な組み合わせですが、意外と相性が良いんですよ。

ホクホクとしたポテトに甘い味噌だれ。

食べ始めると、つい何回も食べてしまって、ハマる人も多い。

おすすめです。

「秩父橋」

とにかくでかくて、特徴的な形をしている見たら印象に残りやすい橋。

秩父のシンボル。

個人的には、「あの日見た花の名は知らない」のシーンで使われていたのが印象に残っています。

思わず、「めんまぁぁぁぁぁぁ……!」と頭を抱えたくなるオタクだった。


以上です。

是非、連休中にでも秩父に足を運んでみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA