「批判と発信」アイドルは批判を恐れず前向きに発信し続けるべきだ





皆さんどうも

アイドルオタクの(@mimori_5046)おおぞらです。

今回は、アイドル現場で起こる「批判」、そして「発信」について考えてみました。

先日、とあるアイドルがツイートしていたんですけどこれが気になったんですよ。

『何か新しいこと始める時って 反対意見もあるし 不安もめちゃめちゃあるけど 変わりたいって思ったら そんなのも乗り越えて挑戦してみることが大事』

新しいことをやると、出てくる「批判」。

それはファンだったり、運営だったり、友達だったり、家族だったり、ネット上でのフォロワーだったりから色々発生すると思うんですよ

この「批判」に対してどう考えるべきかを書きました。

新しいことをやり始めると、必ず批判っていうのは出てくるし、逆に出てこないとおかしい

自分の名前を広めて上に行くためには、たくさんの人に情報を広めて、集客を図っていかなければならない。

それでその情報をたくさんの人に広めたら、反対意見が出てこないと逆におかしいんですよ。

人間、一人ひとりの価値観なんて違うし、現代ではもう本当に価値観の多様化が出てきてる。

そんななかで、考えの相違なんて普通に起こる。

逆に批判が起きないという状況がどういうことかというと、

  • 「新しい企画を発信できてない」
  • 「自分の発信力や影響力が足りない」

ということだと思う。

発信力や影響力を高めることはアイドルにとっては不可欠。

なので批判に対してどう対応できるかが、重要。

僕は批判が出てくるところからが面白いところだと思うんですよ。

ちゃんと批判があるっていうのは、もう自信を持っていんですよ。

それは、試行錯誤して「発信力」があるって証みたいなもん。

批判を怖がって、無難なことしかしなくなり、ずっと同じことをやってても、

本当に届けたい人に伝わりにくくなるし、そのまま続けるとどこかで結果がでないまま終わるだけ。

ずっと応援してた人に批判を食らうとへこむかもしれないんですけど、それはしょうがない。

自分が上に行くためにそれは必要。新しいことを必死にやってる証ですよそれは。

そのくらいの道筋をもっていかないと、多くの支持をもらえないし、信用してもらえないし、結局、仕事ももらえない。

前向きな発言をし続ければ、支持は必ずつく。

「発信」を仕事にするってそういうもん。

だから、自分が信じた道筋をちゃんと持って、素直に突き進んでいけばいいんですよ

そこを真っすぐ向かっている人が、僕が思う、一番推せるアイドルで、結果を残せるアイドル。

どうしても閉塞感を感じてしまう社会のなかで、心を動かし、支持したくなる、何かを変えてくれそうなアイドルだと思うので。

そういったアイドルは必ず伸びる。



試行錯誤のサイクルをどんどん回す環境をつくる

では、その新しいことをどうやって企画にして考えていくのかの道筋を僕から提案したいと思う。

まず簡潔にまとめると

  1. 情報をインプット
  2. インプットしたものを踏まえて企画を考える
  3. その企画を実行してみる
  4. 実行の結果を修正して次の手を考える
  5. 1に戻る

上手くいく方法なんて、実は単純でこういった繰り返しをいかに効率良く、回すのでしかない。

とりあえず手を動かして行動を起こすことが大事。

この工程をさらに具体的にどうやるかと細分化してみると

「1、情報をインプット」

ここで言う”情報”とは、単なる情報ではなくて、集客に活かせる情報のこと。

挙げてみると、集客の仕方、人の思考回路、他の人の価値観、現在の流行などについての情報。

その情報をどういった形で得るかというと

  • 他のアイドルさんのやり方を調べてみる
  • 人と話してみる
  • 周りを観察して分析してみる(状況の要因と原因は何か?)
  • 雑誌や本やネットで情報を収集する

「2、インプットしたものを活用して企画を考える」

  • 自分が今までやってきた経験、考え、長所、特技、スキル、キャラクター。以上の要素で、今の自分ができそうな事をインプットした情報とmixさせて企画をつくる

「3、その企画をアウトプットする」

  • 周りのメンバーや運営に考えたことを話してみる
  • パフォーマンスで活かす
  • MCでその企画を出す
  • イベントの企画発信
  • SNSでの発信に活かす

「4、企画を出した結果を踏まえて、次はどう上手くいくかを修正する」

  • ファンの反応を得る
  • アンケートを取ってみる
  • 他のメンバーや運営がその結果に対してどう考えたかを聞き出す

「5、1に戻る」

後、大事なのは休むときは、ちゃんと休んで、自分の暇な時間をちゃんと作ること。

有力なアイディアは、暇なときにも「ぽっ…と」何気なく出てくるので、休養のためにも暇は必ず必要。

余裕は持つべき。

【一番どこがネックになるかというと3のアウトプットの工程】

それで、この循環でどこがネックになるかというと「アウトプット」の部分。

アウトプットが滞る理由としては、「周りの反応が怖いとか、批判が怖い」とかなんですよね。

批判が周りの環境にはびこってると動けない。

なかなか自分の考えを発信するのは、恥ずかしい部分があったり、どう思われるのかがきがかりになったり、それは誰でもおこる。

でもアウトプットしないと信用を得られないし、周りの反応を得ることが出来ない。

アウトプットをすればするほど信用って得られるんですよ。

インプットだけしてても成果は0でしかない。

実際、周りに考えてるだけで、何もしないやつっているじゃないですか。

まさにそれ。

現実問題、そういった行動力がない人が多いんですよね。

なのでまずは自分の発信しやすい情報を発信して、それから自信をつけて、どんどん発信の幅を広げていけばいい。

そして、自分がそれで上手くいった後は、人がアウトプットしてるところを見て、ちゃんと褒めて持ち上げて、行動を促して協力する。

そうやって周りに褒め合う環境、個人が円滑に効率的に試行錯誤できる環境をつくっていくんですよ。

そうなれば自分に得がくる。逆に批判ばかりしてると、後で必ず損する。

自分が得をしたいんだったら、周りの人に投資したほうが懸命。

”やったこと”を持ち上げるのが、一番やるべき投資だ。


以上です。

批判を受けてしょんぼりしてるアイドルは、そんなの気にしなくていいんですよ。

批判を燃料してやってほしい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA